スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

変なオヤジ?

またまた変なオヤジを発見!

親父って言っても大体、私と同じくらいの年齢だったと思います。
(・・・・・だったらオヤジですね)

それは3連休の前日の9/22の会社帰りのこと。

わたしがいつもの様に、会社の最寄駅に8時くらいに着き、ホームに下りて行くと、ホームはすごい人数の人でごった返しいてました。

連休前の通勤ラッシュ時にハマっちゃったかなぁーって思っていたら、駅のアナウンスで「駄々今列車が5分ほど遅れています。ご迷惑をお掛けしています。」とのこと、そりゃぁ、通勤時に5分も遅れちゃったら混むわなって思い仕方なく、電車が来るまで人込みを掻き分け待っていました。

少し経つと電車がホームに入ってきて、みんななだれ込むように電車に乗り、すし詰め状態で乗っていました。

ふと前を見ると、五厘刈りのオヤジが立っていました。
でもよく見るとそのオヤジは、若い女の子が履くような、ローライズのシーパンに、これまた女の子がよく着ている丈の短水色のTシャツを着ていて、もちろん腰の辺りは地肌をしっかり露出していました。(+_+)

思わず「なんや、このオッサン。」って思い、後ろからオッサンの横顔を見ると、一週間ぐらい髭を剃っていない感じで、何処から髭で、何処から髪の毛なのか分からない感じのオヤジでした。

もちろん電車の中なので、しかもすし詰め状態でその場から逃げる事も出来ず、電車が揺れるたびにそのオヤジにくっついちゃって、折角の連休前で、ワクワクうきうきしていたテンションがかなり下がっちゃいましたね。

乗換駅が着いたので、私は一目散に降りて、別のホームに向かいました。
チョット正面からの顔を見たいって衝動に駆られましたが、もっと落ち込むかもしれないので、理性で衝動を抑えその場を去っていきました。

世の中、色んな趣味の人がいるって思うんですが、自分自身の限界をもう少し理解した方がいいのではと考える、豚足Wingでした。

スポンサーサイト
thame:まじでか! genre:日記
ひとりごと | trackback(0) | comment(7) | 2005/09/24 Sat
<< 本日の試合結果 | home | 工事開始 >>

Comment

いるもんですね
こんにちは。豚足Wingさん。
中にはいるもんですね。
自分がどんな格好をしていても似合ってる??って思ってるんでしょうね。

ワタシだったらその場から離れちゃいますね。(>_<)

2005/09/24 Sat| URL | ひなみ [ 編集 ]
それはキビシイ
紳士物のそんな洋服があるのでしょうか?
自分で女の子のところで買うのかな~。
それとも???
なんか、そちらも興味があったりして。
2005/09/24 Sat| URL | megumi [ 編集 ]
ひなみさんへ
もちろん私も離れたかったけど、ソコは満員電車の中・・・・・

嫌でもくっついちゃってました(-"-)

多分そういう趣味の人なのもかも・・・・

私もその人が綺麗な女の人に変身していれば、元男って分かっても気にはしなかったって思うんですけど・・・・(でも、別の意味ですごく気になるなぁー)

あの外見では、悪趣味っていうしかなぁー


2005/09/25 Sun| URL | 豚足Wing [ 編集 ]
megumi さんへ
紳士物でそんなのあるわけ無いじゃないですか!!

やっぱり普通のお店に行って買ったり・・・あっ!
もしかして通販じゃないですか?

通販だったら簡単に買えちゃいますからね。
2005/09/25 Sun| URL | 豚足Wing [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/09/25 Sun| |  [ 編集 ]
それと
 似たようなスタイルで、(短パンでした)
 60は越えてると思われ、
 そのうえ、朝の通勤ラッシュ時でした。
 ほとんど、ダークブルーの世界で、思いっきり、避けられていました、、、。
2005/09/27 Tue| URL | 鴎 [ 編集 ]
鴎さんへ
それはきつい・・・

ある意味公害?って行っても過言じゃないかもしれませんね。

歳相応って言うと語弊があるかもしれないけど、ある程度の常識ほしいですよね。

想像しただけでもおぞましい?
2005/09/27 Tue| URL | 豚足Wing [ 編集 ]

Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。